VIX指数(恐怖指数)CFDで投資のリスクヘッジ

TOP画像

VIX指数(恐怖指数)とは

「VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ」管理人の宮本です。

VIX指数とは、アメリカのシカゴ・オプション取引所が作り出したボラティリティ・インデックス(Volatility Index)の略称です。

VIX指数は投資家心理を示す数値として利用され、数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされており、「恐怖指数」という別名が付けられています。

詳しくはこちらです→VIX指数

VIX指数の値動きの特徴は、平常時は低い値で、株価の暴落時は逆に暴騰することです。
このVIX指数を利用した、より安定的な資産運用法を紹介することが、このサイトの目的です。


VIX指数への投資で得られる利益

VIX指数は値動きがわかりやすいため、利益も出しやすいです。

VIX指数のトレード成績(VIX指数×100で取引した場合)
 年  VIX指数の
 売買回数
 VIX指数の 売買損益
(カッコ内は 日本円換算)
 最大投資金額 年利
2008年 3回 +1500ドル(+16万7685円) 1950ドル +76.9%
2009年 0回 - - -
2010年 1回 +500ドル(+4万6485円) 1950ドル +25.6%
2011年 2回 +1000ドル(+8万7717円) 1950ドル +51.3%
2012年 1回 +500ドル(+3万8440円) 1950ドル +25.6%
2013年 5回 +1450ドル(+12万5686円) 4800ドル +30.2%
2014年 8回 +2350ドル(+24万7314円) 4800ドル +49.0%
2015年 6回 +1800ドル(+21万5298円) 3500ドル +51.4%
2016年 4回 +1400ドル(+16万8294円) 3500ドル +40.0%
合計 30回 +1万500ドル(+109万6919円) - -

このように、トレードチャンスがなかった2009年以外は、毎年プラス運用です。
複雑なテクニカル指標を一切使わなくても、簡単に利益を出すことが可能です。

詳しくはこちらです→VIX指数への投資法
(VIX指数が安定して高い利益を得られる理由も書いています)


VIX指数へ投資可能なCFD業者

VIX指数への投資方法は、CFDという取引形態で可能です。
CFDは、投資対象の購入に必要なお金を全額用意しなくても、少額で購入できます。

簡単に言うと、FXの何でもあり版です。
FXは投資対象が為替ですが、CFDは投資対象は金や株式、株価指数など、何でもありです。

詳しくはこちらです→CFDとは
(FXを知らない人にもわかりやすく説明しています)

また、VIX指数を取り扱っているCFD業者は、GMOクリック証券CFDIG証券CFDの2社です。

これらCFD業者の手数料や信頼性について、詳しく調べました。
VIX指数取り扱いCFD業者を比較


VIX指数リアルタイムチャート

以下2つのVIX指数のチャートをリアルタイムで表示しています。
・VIX ボラティリティ指数(VOLATILITY S&P 500)
・VIX ボラティリティ指数3ヶ月(CBOE S&P500 3 M Volatility )
VIX指数リアルタイムチャート


最新更新履歴






VIX指数に直接投資

VIX指数への投資法
↑過去9年の平均年利43.8%

VIX指数売りを長期保有
↑保有するだけで年利16.6%

VIX指数取り扱いCFD業者を比較

VIX指数CFDでリスクヘッジ

CFD業者を比較

VIX指数とは

CFDとは

CFDと他の金融商品の違い

コラム


管理人のプロフィール


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【宮本】Co.,Ltd.
運営者情報