2019年 投資信託おすすめインデックスファンド

TOP画像


VIX指数 > QアンドA > 2019年 投資信託おすすめインデックスファンド

2019年 投資信託おすすめインデックスファンド

この記事は
「投資信託で長期の資産運用を考えている」
「どの投資信託を選べばいいかわからない」
方に書いています。

この記事のもくじ
  1. 間違いがない投資信託の選び方
  2. 先進国株カテゴリのおすすめは?
  3. 新興国株カテゴリのおすすめは?
  4. 日本株カテゴリのおすすめは?
  5. 先進国債券カテゴリのおすすめは?
  6. 新興国債券カテゴリのおすすめは?
  7. 新興国リートカテゴリのおすすめは?
  8. Jリートカテゴリのおすすめは?

1.間違いがない投資信託の選び方

インデックスファンドとアクティブファンドはどちらがいい?

投資信託には、2つの種類があります。

パッと見るとアクティブファンドのほうが良さそうですが、残念ながらそうではありません。
アクティブファンドの特徴として

ことから、インデックスファンドがおすすめです。

インデックスファンドでも、

がありますので、それぞれのファンドでおすすめのインデックスファンドを紹介します。

なお、投資信託の配分比率については別記事に記載していますので参考にしてみてください。
理想のアセットアロケーション(ポートフォリオの配分比率)

インデックスファンドの選択基準

インデックスファンドを選んだ時点で大きな失敗はないのですが、インデックスファンドの中でも優劣があります。
その中で重要な指標となるのが以下の5点です。

  1. 毎月分配ではない:分配金をもらうたびに税金を払うため、資産形成には不向き
  2. リターンが高い:説明の必要はありませんね
  3. 手数料(信託報酬)が安い:手数料が安いとリターンも高くなります
  4. 購入時手数料が無料:今はほとんどのインデックスファンドが無料です(ノーロードとも言います)
  5. 純資産が多い:インデックスファンドの形成に10億円以上が必要とされています

カテゴリ別に、インデックスファンドについて上の5条件を加味しながら、比較検討しました。

インデックスファンドの比較に利用したサイト
モーニングスター投資信託検索


2.先進国株カテゴリのおすすめは?

一番大きなリターンが期待できる、先進国株カテゴリのインデックスファンドを比較します。

比較した5つの先進国株式インデックスファンドは、純資産が50億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

先進国株カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
eMAXIS Slim先進国株式インデックス -3.02% 0.11% 633億円
ニッセイ外国株式インデックスファンド -3.06% 0.11% 1400億円
たわらノーロード先進国株式 -3.15% 0.12% 414億円
SMT グローバル株式インデックス -3.43% 0.55% 700億円
eMAXIS 先進国株式インデックス -3.54% 0.66% 419億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」「ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。

リターン・手数料・純資産とも申し分ありません。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」のリターンが「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」より若干劣るのは、2019年9月まで手数料が0.20%だったためです。

私は、手数料を定期的に下げている「ニッセイ外国株式インデックスファンド」へ投資しています。


3.新興国株カテゴリのおすすめは?

潜在的なポテンシャルが高い、新興国株カテゴリのインデックスファンドを比較します。

比較した5つの新興国株式インデックスファンドは、純資産が10億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

新興国株カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
eMAXIS Slim新興国株式インデックス -7.47% 0.21% 213億円
SMT 新興国株式インデックス・オープン -7.71% 0.66% 203億円
eMAXIS 新興国株式インデックス -7.86% 0.66% 314億円
たわらノーロード新興国株式 -8.03% 0.37% 63億円
ニッセイ 新興国株式インデックスファンド -8.15% 0.21% 13億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」です。

リターン・手数料・純資産とも申し分ありません。

ここで、手数料が0.21%と最安レベルの「ニッセイ 新興国株式インデックスファンド」のリターンが-8.15%と1番悪くなっていますね。

この理由は純資産の少なさにあります。13億円と5つのインデックスファンドの中では1番小さく、純資産が多い他のファンドに比べ、ファンド形成がうまくいっていない可能性があります。

私は、「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」へ投資しています。


4.日本株カテゴリのおすすめは?

日本株カテゴリのインデックスファンドを比較します。

日本株には2つの株価指数が存在します。

過去10年間の投資成績では、日経平均のリターンがTOPIXを上回っているため、日経平均に連動するインデックスファンドがおすすめです。
詳細はこちら→日経平均とTOPIXの違いを比較 投資するならどっち?

比較した5つのインデックスファンドは、純資産が20億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

日本株カテゴリ(日経平均)のインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
eMAXIS Slim国内株式(日経平均) -7.90% 0.15% 24億円
iFree日経225インデックス -7.93% 0.15% 62億円
たわらノーロード日経225 -7.94% 0.19% 157億円
ニッセイ 日経225インデックスファンド -8.01% 0.28% 1496億円
SMT 日経225インデックス・オープン -8.13% 0.41% 240億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

新興国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」です。

純資産は若干少なめですが、リターン・手数料は申し分ありません。

私は、「eMAXIS Slim国内株式(日経平均)」へ投資しています。


5.先進国債券カテゴリのおすすめは?

先進国債券カテゴリのインデックスファンドを比較します。

比較した5つの先進国債券インデックスファンドは、純資産が10億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

先進国債券カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
eMAXIS Slim先進国債券インデックス 2.04% 0.15% 61億円
たわらノーロード先進国債券 2.03% 0.19% 102億円
ニッセイ 外国債券インデックスファンド 2.02% 0.15% 117億円
三井住友・DC外国債券インデックス 1.97% 0.23% 639億円
SMT グローバル債券インデックス 1.58% 0.55% 174億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「eMAXIS Slim先進国債券インデックス」「ニッセイ 外国債券インデックスファンド」です。

リターン・手数料・純資産とも申し分ありません。

私は、「eMAXIS Slim先進国債券インデックス」へ投資しています。


6.新興国債券カテゴリのおすすめは?

カテゴリのインデックスファンドを比較します。

比較した5つのインデックスファンドは、純資産が10億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
iFree新興国債券インデックス 4.24% 0.24% 34億円
野村 インデックスF・新興国債券 3.88% 0.66% 12億円
eMAXIS 新興国債券インデックス 3.67% 0.66% 60億円
SMT 新興国債券インデックス・オープン 3.51% 0.66% 74億円
インデックスF海外新興国債券(1年決算型) 3.48% 0.57% 55億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「iFree新興国債券インデックス」です。

リターン・手数料・純資産とも申し分ありません。

私は、「iFree新興国債券インデックス」へ投資しています。


7.先進国リートカテゴリのおすすめは?

先進国リートカテゴリのインデックスファンドを比較します。

比較した5つの先進国リートインデックスファンドは、純資産が30億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
たわらノーロード先進国リート 9.28% 0.30% 64億円
野村 インデックスF・外国REIT 9.12% 0.61% 36億円
SMT グローバルREITインデックス 9.11% 0.61% 186億円
eMAXIS 先進国リートインデックス 8.91% 0.66% 108億円
ニッセイ Gリートインデックスファンド 8.52% 0.30% 71億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、「たわらノーロード先進国リート」です。

リターン・手数料・純資産とも申し分ありません。

ただ、手数料が最安水準で純資産も多い「ニッセイ Gリートインデックスファンド」のリターンがなぜ低いのかは、わかりませんでした。「たわらノーロード先進国リート」と同レベルのリターンがあってもいいのですが・・・

私は、「たわらノーロード先進国リート」へ投資しています。


8.Jリートカテゴリのおすすめは?

カテゴリのJリートインデックスファンドを比較します。

比較した5つのJリートインデックスファンドは、純資産が10億円以上で毎月分配しないものの中から、直近1年のリターンが高いものを選びました。

カテゴリのインデックスファンド比較表
ファンド名 直近1年の
リターン
手数料・税込
(信託報酬)
純資産
野村 インデックスF・J-REIT 27.22% 0.44% 86億円
eMAXIS 国内リートインデックス 27.13% 0.44% 176億円
Smart-i Jリートインデックス 27.04% 0.19% 36億円
たわらノーロード国内リート 26.92% 0.28% 99億円
ニッセイ Jリートインデックスファンド 26.54% 0.28% 170億円

※赤字は各選択項目で1番であることを示しています。

先進国株カテゴリでおすすめのインデックスファンドは、直近1年のリターンが高い「野村 インデックスF・J-REIT」「eMAXIS 国内リートインデックス」です。

手数料は「Smart-i Jリートインデックス」より劣りますが、純資産は申し分ありません。

Jリートもニッセイシリーズのリターンがなぜか低めですね。手数料は低いのですが・・・

私は、「eMAXIS 国内リートインデックス」へ投資しています。


投資信託におすすめの証券会社

という理由から、SBI証券を利用しています。
年率換算で0.03%~0.2%分のポイントを毎月もらえます。
※投資信託の種類や預入金額によって違います。

私も毎月5000ポイント前後もらっています。

また、SBIポイントは下のポイントと交換できます。

SBI証券の公式サイトで詳しく確認

関連記事



ブイヘジの使い方

人気記事ランキング

カテゴリ

大手CFD業者一覧


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top