VIX指数取り扱いCFD業者(GMOクリック証券・IG証券・LINE CFD)の性能比較表

TOP画像


VIX指数 > VIX指数取り扱いCFD業者の性能比較表

著者:VIXパンダ 更新日:2022年3月30日

VIX指数取り扱いCFD業者の性能比較表

投資対象として利用できるVIX指数と取引方法

VIX指数関連商品はいくつかありますが、私たち投資家がリスクヘッジとして利用できるVIX指数は、VIXボラティリティ指数3か月(以下、VIX指数)です。

詳しくはこちらです→リスクヘッジに利用できるVIX指数

また、VIX指数に投資する場合の取り引き方法は、CFDトレードになります。

※CFD:簡単に言うとFXと同じ証拠金取引で、FXの投資対象が外貨だけなのに対し、CFDの投資対象は商品や株価指数など様々です。→CFDをさらに詳しくチェック


VIX指数取り扱いCFD業者(証券会社)一覧

現在、以下のCFD業者でVIX指数の取り扱いが可能です。

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFDでのVIX指数は「米国VI」という名称です。

日本の代表的なネット証券会社の1つで、CFD以外にも株やFX、先物、オプションなど、様々な金融商品の取り扱いがあります。
CFD取り引きでは、外貨建て商品の為替手数料が無料なのも大きな魅力です。

IG証券CFD

IG証券CFDでのVIX指数は「ボラティリティ指数」という名称です。

以前はFXオンラインジャパンという社名でしたが、2008年にCFD取り引きで世界最大規模のIGグループと提携を開始し、その後、社名もIG証券に変わりました。

IG証券は、取り扱い銘柄数10000以上と、日本一の取り扱い数を誇るCFD業者で、特に海外の個別株を数多く取り揃えています。

LINE CFD

LINE CFDでのVIX指数は「米国VI 〇年〇月」という名称です。

名称に日付が入っている事からも推測できますが、取引期限があります。

なお、サクソバンク証券CFDもVIX指数を購入できますが、リスクヘッジとしての利用が難しいVIX短期先物指数(VXX)のみの取り扱いです。

詳しくはこちらです→VIX短期先物指数とは


VIX指数取り扱いCFD業者性能比較表

次に、VIX指数を取り扱えるGMOクリック証券CFD・IG証券CFD・LINE CFDの性能を比較しました。

VIX指数取り扱いCFD業者の性能比較表
GMOクリック証券CFD IG証券CFD LINE CFD
VIX指数の銘柄名 米国VI ボラティリティ指数 米国VI〇年〇月
VIX指数の最小取引単位 CFD価格の10倍 CFD価格の1000倍 CFD価格の10倍
VIX指数の取引手数料
(スプレッド)
0.05ドル 0.1ドル 0.06ドル
VIX指数の取引時間 標準時間:月~金
8:00~翌6:15
 夏時間:月~金
7:00~翌5:15
標準時間:月~金
6:30~翌6:15
 夏時間:月~金
5:30~翌5:15
標準時間:月~金
8:00~翌6:05
 夏時間:月~金
7:00~翌5:05
VIX指数の
最大レバレッジ
5倍 8倍 5倍
VIX指数の
ロスカット
自分で設定 証拠金維持率が
100%以下
証拠金維持率が
100%以下
VIX指数の
価格調整額
あり なし なし
為替手数料 なし 0.3% なし
信託保全 全額 全額 全額
分別管理 全額 全額 全額
口座開設料金 無料 無料 無料
口座維持料金 無料 無料 無料
コールセンター
受付時間
標準時間
月7:00~土7:00
 夏時間
 月7:00~土6:00
月~金:
8:00~21:00
祝日:
8:00~20:00
×
最大保有期間 制限なし 2ヶ月 2ヶ月
GMOクリック証券CFD IG証券CFD LINE CFD

※表中の赤字は、他のCFD業者に比べて有利な項目です
※IG証券CFDは、ポジション未保有かつ6ヶ月以上取引が無い場合、取引口座内の証拠金残高を上限として月額550円(税込)の口座管理手数料が発生


VIX指数のトレードに有利なCFD業者

VIX指数取り扱いCFD業者は2社ですので、お互いのCFD業者を比較することによるメリット・デメリットの比較表を作成し、どちらがVIX指数のトレードに有利か調べました。


各VIX指数取り扱いCFD業者の主なメリットとデメリット
CFD業者 メリット デメリット
GMOクリック証券CFD ・手数料が安い
・保有期間に制限なし
・最低取引単位が小さい
・最大レバレッジは5倍まで
IG証券CFD ・最大レバレッジは8倍まで ・手数料が高い
・最低取引単位が大きい
・保有期間に制限がある
LINE CFD ・最低取引単位が小さい ・保有期間に制限がある

手数料を安くしたいならGMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFDは、スプレッドが狭いだけでなく、ポジション決済時の為替手数料も無料です。

レバレッジを大きくしたいならIG証券CFD

IG証券CFDは、最大レバレッジが8倍まで取り引き可能です。

当サイト管理人は、

という理由から、GMOクリック証券CFDを愛用してます。


VIX指数を取り扱うおすすめCFD業者

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD・VIX指数を取り引きするならこのCFD業者
・VIX指数のスプレッドは0.05ドルと最安です
・VIX指数の最小取引単位はCFD価格の10倍と、気軽に取引できます
・VIX指数の最大保有期間に制限はありません
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

GMOクリック証券CFDの基本情報
スプレッド
(VIX指数)
最小取引単位
(VIX指数)
最大保有期間
(VIX指数)
最大レバレッジ
(VIX指数)
信託保全
分別管理
0.05ドル CFD価格の10倍 制限なし 5倍 あり(全額)

口座開設手数料 口座維持料金 入金手数料 出金手数料
無料 無料 即時入金サービスは無料 無料

詳細はGMOクリック証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


IG証券CFD

IG証券CFD・VIX指数の最大レバレッジは10倍と資金を効率良く運用できます
・取引可能銘柄数は1万種類以上で、世界中の商品に投資可能です
・世界中の株式銘柄を1株単位で取り引き可能
・通貨取引(FX)では、約90種類の通貨ペア
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心

IG証券CFDの基本情報
スプレッド
(VIX指数)
最小取引単位
(VIX指数)
最大保有期間
(VIX指数)
最大レバレッジ
(VIX指数)
信託保全
分別管理
0.10ドル CFD価格の1000倍 制限なし 8倍 あり(全額)

口座開設手数料 口座維持料金 入金手数料 出金手数料
無料 条件付き無料 即時入金サービスは無料 無料

※口座維持料金:ポジション未保有かつ6ヶ月以上取引が無い場合、取引口座内の証拠金残高を上限として月額550円(税込)の口座管理手数料が発生

詳細はIG証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


VIX指数取り扱いCFD業者を比較
VIX指数をCFDトレードする際の基礎知識




人気記事ランキング

VIX指数を学ぶ

CFDを学ぶ

投資種類別カテゴリ

大手CFD業者一覧

著者紹介


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

当サイトについて  | 運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top