VIX指数(恐怖指数)とは? どんな種類がある? わかり易く説明します

TOP画像


VIX指数 > VIX指数とは

VIX指数(恐怖指数)とは? どんな種類がある?

VIX指数とは

VIX指数は、アメリカのシカゴ・オプション取引所が作り出したボラティリティ※1・インデックス(Volatility Index)の略称です。

VIX指数はS&P500※2を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されています。
VIX指数は投資家心理を示す数値として利用され、数値が高いほど投資家が相場の先行きを不安視していて、「恐怖指数」という別名が付けられています。

※1 ボラティリティ:値動きの度合いを意味し、激しい値動きをするとボラティリティの数値は高くなります。
※2 S&P500:ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価を基に算出される、アメリカの代表的な株価指数。

VIX指数は、平常時は10~20の間をうろうろしていますが、米国株(S&P500)が暴落すると下図のように急騰します。

2018年11月~12月 S&P500とVIX指数の値動き

また、VIX指数には様々な種類がありますので、それぞれの特徴を紹介します。


VIX指数の種類

VIX指数と、VIX指数に連動する指数に投資可能な商品には以下の種類があります。

VIX指数一覧表
 名前  内容  日本の
 銘柄コード
カッコ内は
米国コード
 詳細
 VIX ボラティリティ指数
(VOLATILITY S&P 500)
 S&P500(SPX)の今後30日間の
 価格変動の大きさを測定
日本なし
(VIX)
 詳細確認
 VIX ボラティリティ指数3ヶ月
(CBOE S&P500 3 M Volatility )
 S&P500(SPX)の今後3か月間の
 価格変動の大きさを測定
日本なし
(VXV)
 詳細確認
 VIX短期先物指数ETF  VIX先短期物指数にロールオーバー
 コストを加え、円換算したもの
 1552
(VXX)
 詳細確認
 VIX中期先物指数ETF  VIX中期先物指数にロールオーバー
 コストを加え、円換算したもの
 1561
(VXZ)
 詳細確認
 日経平均VI先物指数 ETN  日経平均株価の価格変動の
 大きさを測定
 2035
(米国なし)
 詳細確認
 米国VIブルETF  VIXボラティリティ指数に連想し
1.5倍動く
 日本なし
(UVXY)
 詳細確認
 米国VIベアETF  VIXボラティリティ指数に
逆連想し-0.5倍動く
 日本なし
(SVXY)
 詳細確認

VIXボラティリティ指数(米国コード:VIX 日本なし)

新聞などで言われているVIX指数は、この指数のことです。
アメリカ・日本の市場のどちらも投資することができません。
値動きなど詳しく確認


VIXボラティリティ指数3か月(米国コード:VXV 日本なし)

先ほどのVIX指数は1ヶ月先の米国株市場を予想するのに対して、こちらは3ヶ月先で、値動きも若干マイルドです。アメリカの市場で投資できます。
日本で取り扱っている業者は「GMOクリック証券CFD」です。
値動きなど詳しく確認


VIX短期先物指数ETF(米国コード:VXX 日本コード:1552)

上の2つはロールーバーコストを考慮していませんが、こちらはロールオーバーコストを考慮していますので、徐々に値が下がっていく傾向にあります。
ETFですので日本では、ほとんどの証券会社で取り扱っています。
値動きなど詳しく確認


VIX中期先物指数ETF(米国コード:VXZ 日本コード:1552)

VIX短期先物指数ETFと同様、ロールオーバーコストを考慮していますので、徐々に値が下がっていく傾向にあります。ただし、VIX短期先物指数ETFよりは、値が下がるスピードが遅いです。
ETFですので日本では、ほとんどの証券会社で取り扱っています。
値動きなど詳しく確認


日経平均VI先物指数ETN(米国なし 日本コード:2035)

このVIX指数は、米国株ではなく日経平均株価が下がると、上がるようになります。
こちらもロールオーバーコストを考慮しているため、徐々に値が下がります。
ETNも、日本ではほとんどの証券会社で取り扱っています。
値動きなど詳しく確認


米国VIブルETF(米国コード:UVXY 日本なし)

VIXボラティリティ指数に連想し、その1.5倍動くように作られています。
ETFと書かれていますが、日本取引所(東京証券取引所・大阪取引所)では取り扱っていません。
そのため、日本では「GMOクリック証券CFD」が取り扱っています。
値動きなど詳しく確認


米国VIベアETF(米国コード:SVXY 日本なし)

VIXボラティリティ指数に逆連想し、その-0.5倍動くように作られています。
ETFと書かれていますが、日本取引所(東京証券取引所・大阪取引所)では取り扱っていません。
そのため、日本では「GMOクリック証券CFD」が取り扱っています。
値動きなど詳しく確認






ブイヘジの使い方

人気記事ランキング

カテゴリ

投資種類別カテゴリ

大手CFD業者一覧


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top