日経平均が下がると上がる日経平均ベア2倍上場投信(1360)最高値・最安値は?

TOP画像


VIX指数 > VIX指数とは > 日経平均ベア2倍上場投信(銘柄コード1360)

更新日:2021年11月23日 著者:VIXパンダ

日経平均ベア2倍上場投信(銘柄コード1360)

日経平均ベア2倍上場投信とは

VIX指数がS&P500に対するボラティリティ指数なのに対し、日経平均ベア2倍上場投信は、日経平均株価に対するボラティリティ指数です。

日経平均ベア2倍上場投信は、日経平均の日々の騰落率のマイナス2倍となるよう計算された指標です。

クマが獲物に攻撃する際、「爪を振り下ろして戦う」=「相場下落」というイメージから、ベアと呼ばれています。

そのため、日経平均ベア2倍上場投信は平常時では低い値で推移し、日経平均株価が暴落すると暴騰します。


日経平均ベア2倍上場投信の過去のチャート

日経平均ベア2倍上場投信は、2014年11月11日からサービスを開始しました。下の図は、サービス開始から2021年11月までの、日経平均ベア2倍上場投信の過去の値動きを示したチャートです。

日経平均ベア2倍上場投信 チャート

上のチャートから、日経平均ベア2倍上場投信は、時間の経過とともに値が小さくなっていることがわかります。

2014年11月11日に9900でスタートした指数は、約7年後の2021年11月には、10分の1以下の920まで下がっています。

このように、日経平均ベア2倍上場投信は、VIX CBOEボラティリティ指数や、VIX CBOEボラティリティ指数3ヶ月と違い、平常時に10~20の間を推移しているわけではありません。


日経平均ベア2倍上場投信の最安値と最高値

過去の日経平均ベア2倍上場投信の最安値は2020年に記録した1189、
一方、最高値は2014年に記録した10060です。

日経平均ベア2倍上場投信の年間4本値
始値 最高値 最安値 終値
2014年 9900 10060 8620 9180
2015年 9180 9960 5930 6550
2016年 6550 9870 4565 4675
2017年 4675 5070 2941 2966
2018年 2966 3750 2381 3550
2019年 3550 3595 2051 2195
2020年 2195 4180 1189 1189

このように、日経平均ベア2倍上場投信を年間4本値でみると、最高値、最安値とも年を追うごとに、どんどん下がってきています。
※日経平均ベア2倍上場投信は2014年11月11日に上場しました。


日経平均ベア2倍上場投信の取り引き方法

日経平均ベア2倍上場投信は、個別株を取り扱う全ての証券会社で取引することが可能です。

ただし、過去のチャートを見て分かるように、どんどん値が下がってきていますので、中長期での保有はオススメできません。

また、これだけ順調に下がっていることから、空売りして稼ぐことは可能か調べました。
日経平均ベア2倍上場投信(1360)の空売りで稼げる?

なお、長期保有可能でリスクヘッジできる商品をお探しの場合、日経平均ベア2倍上場投信よりもボラティリティ指数をおすすめします。
リスクヘッジに利用できるVIX指数


VIX指数とは






人気記事ランキング

カテゴリ

投資種類別カテゴリ

大手CFD業者一覧

著者紹介


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

当サイトについて  | 運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top