米国株アルファベット(GOOGL)への投資はCFD・ETF・投資信託のどれがおすすめ?長期保有・短期売買のタイプ別にご紹介

TOP画像


VIX指数 > ベストな投資先 > 米国株アルファベット(GOOGL)への投資はCFD・ETF・投資信託のどれがおすすめ?

著者:VIXパンダ 更新日:2021年5月13日

米国株アルファベット(GOOGL)への投資はCFD・証券会社どっちがおすすめ?

この記事のもくじ
  1. 米国株アルファベット(GOOGL)投資でのCFD・証券会社のメリット・デメリット比較
  2. 米国株アルファベット(GOOGL)投資でのCFD・証券会社の2020年投資成績を比較
  3. 米国株アルファベット(GOOGL)取り扱い業者一覧
  4. 米国株アルファベット(GOOGL)取り扱い業者の手数料を比較
  5. 米国株アルファベット(GOOGL)CFDの保有コスト
  6. 米国株アルファベット(GOOGL)への投資にかかる税金
  7. 結論

1.米国株アルファベット(GOOGL)投資でのCFD・証券会社のメリット・デメリット比較

アルファベットとは?

アルファベットはアメリカの大手インターネット関連企業です。
検索サイト・グーグル「google.com」を運営するほか、検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウエアなどIT関連製品とサービスを提供しています。
携帯電話「アンドロイド」、ブラウザ「クローム」、インターネットテレビ「Google TV」等独自のOSを展開し、動画配信サービスYoutubeも提供しています。

株式は3種類

アルファベットは、

の3種類の株式を発行しています。

クラスBは創業者のラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリンとGoogle元CEOのエリック・シュミットの3人が保有しており、一般市場で売買されることはありません。

クラスAの株は議決権がありますが、クラスBはクラスAの10倍の議決権を持ち、創業者の2人が議決権の約55%を占めています。そのため、実質的にこの2人が拒否権を持っており、他の株主が議決権ありのGOOGLを購入したところで経営には全く影響を及ぼせません。

そのため、クラスA、Cのどちらを買っても変わりませんし、株価もほぼ同じです。

時価総額は世界トップ5に入る

時価総額1兆4000億ドルと、世界上位5社に入る巨大企業です。
アルファベット株はアメリカのナスダック市場に上場しており、CFD・証券会社で取引可能です。

米国株アルファベット(GOOGL)関連投資商品別 メリット・デメリット
投資方法 メリット デメリット
CFD ・少額で大きな金額を取引可能 ・CFDの仕組みを理解する必要がある
・保有中は価格調整額が発生
証券会社で
個別株投資
・保有中に手数料の発生なし ・売買時為替手数料発生

では、それぞれの商品について具体的に紹介します。

CFD

CFDでは、保有中に価格調整額が発生しますが、レバレッジ制度を活用することで、少額でも保有資金以上の取引が可能です。

証券会社での個別株投資

アルファベットは外国株ですが、SBI証券・マネックス証券・楽天証券で、日本の株と同じように売買できます。
ただし、売買手数料は日本の株に比べて高めで、さらに為替手数料が発生します。
(CFDは、為替手数料が発生しない業者もあります。)


2.米国株アルファベット(GOOGL)投資でのCFD・証券会社の2020年投資成績を比較

次に米国株アルファベット(GOOGL)の投資リターンをCFD・証券会社で比較しました。
CFDは大手GMOクリック証券CFDが取り扱っている「アルファベット(GOOGL)」を採用しました。
証券会社はSBI証券を採用しました。

2020年 米国株アルファベット(GOOGL)投資リターン比較表
投資手段 利用した会社 リターン 年初価格 年末価格 配当金
CFD GMOクリック証券CFD
(レバレッジ3倍)
+81.54% 1344.60ドル 1750.44ドル 0円
CFD GMOクリック証券CFD
(レバレッジ2倍)
+54.36% 1344.60ドル 1750.44ドル 0円
証券会社 SBI証券 +29.99% 1348.41ドル 1752.64ドル 0円
CFD GMOクリック証券CFD
(レバレッジ1倍)
+27.18% 1344.60ドル 1750.44ドル 0円

※CFDのリターンは、価格調整額(アルファベットの価格調整額は年間-3%)を考慮しています

結論

2020年のリターンは、価格調整額だけCFDが低いです。
ただし、レバレッジを活用することで、CFDのリターンが証券会社の個別株取引を上回ります。
レバレッジの詳細はこちらです→CFDのレバレッジとは?

そこで、米国株アルファベット(GOOGL)の取り扱い業者について調べてみます。


3.米国株アルファベット(GOOGL)取り扱い業者一覧

米国株アルファベット(GOOGL)CFDはCFD業者と証券会社で取引が可能です。
と言っても、全ての業者が取引できるわけではないので、主なCFD業者と証券会社の米国株アルファベット(GOOGL)取扱い状況を調べました。

CFD業者の米国株アルファベット(GOOGL)取り扱い状況
GMOクリック証券CFD IG証券CFD DMM CFD OANDA JAPAN CFD 岡三オンライン証券
CFD(くりっく株365)
× × ×

米国株アルファベット(GOOGL)CFDは、GMOクリック証券CFDで取り引き可能です。
次に気になるのが、手数料です。

証券会社の米国株アルファベット(GOOGL)取り扱い状況
SBI証券 マネックス証券 楽天証券 野村證券 SMBC日興証券 みずほ証券 大和証券
×

大手証券会社の野村・大和・SMBC日興・みずほ証券も米国株アルファベット(GOOGL)の取扱いがありますが、例えば野村證券では71000円以下だと手数料11%、71000円~75万円で7810円と、手数料が非常に高いです。
ネット系証券会社のSBI・マネックス・楽天証券は、証券会社の中では比較的安い手数料で取引可能です。


4.米国株アルファベット(GOOGL)取り扱いCFD業者と証券会社の手数料を比較

米国株アルファベット(GOOGL)価格はドル建てのため、CFD業者と証券会社では以下の手数料が発生します。

では、各CFD業者・証券会社の手数料を比較してみます。

米国株アルファベット(GOOGL)取り扱いCFD業者と証券会社の手数料比較表
取扱業者 為替手数料
(片道)
 取引手数料
(片道)
スプレッド アルファベット(GOOGL)
1株あたり
合計往復手数料
GMOクリック証券CFD 無料 無料 5ドル 550円
SBI証券 25銭 約定金額の0.495%
ただし
下限:0ドル
上限:22ドル
無料 3510円
マネックス証券 25銭 約定金額の0.495%
ただし
下限:0ドル
上限:22ドル
無料 3510円
楽天証券 25銭 約定金額の0.495%
ただし
下限:0ドル
上限:22ドル
無料 3510円
IG証券CFD 0.3% 16.5ドル 2.8ドル 5396円

※米国株アルファベット(GOOGL)価格1株あたり合計手数料の計算
→米国株アルファベット(GOOGL)価格を2210ドル、1ドル110円としています。
 つまり、売買金額は2210ドル×110円×1倍=24万3100円となります。
※IG証券CFDの取引手数料は750株まで一律16.5ドル、751株以降1株当たり0.022ドルです。

米国株アルファベット(GOOGL)1株あたりの手数料で比較してみると、GMOクリック証券CFDが激安なのがわかります。

手数料を見る限り、GMOクリック証券CFDを利用するのが賢い選択です。


5.米国株アルファベット(GOOGL)CFDの保有コスト

GMOクリック証券CFDは保有中に価格調整額が発生

価格調整額とは、GMOクリック証券CFDで米国株アルファベット(GOOGL)CFDを保有することによって発生する調整額です。
米国株アルファベット(GOOGL)CFDは、年率換算約3%の価格調整額が発生します。

例えば、GMOクリック証券CFDで約100万円のアルファベット株を保有していると、1年間で約3万円の価格調整額を支払うことになります。

IG証券CFDは保有中にファンディングコストが発生

IG証券では、保有中にファンディングコストが発生します。
買い:年率換算2.5%+LIBOR
売り:年率換算2.5%-LIBOR
※LIBOR (ライボー、London Interbank Offered Rate) とは、ロンドンにおいてインターバンク取引で資金の出し手から提示される金利です。


6.米国株アルファベット(GOOGL)への投資にかかる税金

米国株アルファベット(GOOGL)への投資に対する税金は、CFD・証券会社とも売却益に対する税金です。

CFD・証券会社のどちらも
売却益の税率:20.315%
です。

なお、CFDと証券会社の株は損益通算できません。
例えば、CFD取引で利益が出て株取引で損失が出た場合、CFDによる利益に対しては、株ででどれだけ損失が出ても、きっちり課税されます。
逆に、株取引で利益が出て、CFD取引で損失が出た場合も、やはり株取引の利益に対して課税されます。


7.結論

投資方法により、おすすめの商品は違います。

長期保有(買い)

そこそこのリターンを希望する場合、価格調整額が発生しない、証券会社での個別株取引がおすすめです。
SBI証券マネックス証券楽天証券が手数料が低くおすすめです。

リターンを上げたい場合は、CFDのレバレッジを利用すると、リスクは上がりますが、マイナスにならない限り、証券会社よりもリターンが高くなります。
レバレッジの詳細はこちらです→CFDのレバレッジとは?

売り

CFD取引のみ、売りからのトレードが可能です。

短期売買

手数料が安く、レバレッジを利用できるCFDがおすすめです。
短期売買では、手数料の低さが投資成績に大きな影響を与えます。
米国株アルファベット(GOOGL)CFDの取り引きは、GMOクリック証券CFDが、手数料が低くおすすめです。

このように、買いでの長期保有以外は、米国株アルファベット(GOOGL)の取り引きはCFD業者がおすすめです。


米国株アルファベット(GOOGL)取引におすすめのCFD業者

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD・米国株アルファベット(GOOGL)CFDの取り引きにベストな証券会社
・米国株アルファベット(GOOGL)CFDのスプレッドは5ドルと最安
・米国株アルファベット(GOOGL)CFD決済時に為替手数料発生なし
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません


詳細はGMOクリック証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


商品別にベストな投資先を検証




人気記事ランキング

カテゴリ

投資種類別カテゴリ

大手CFD業者一覧

著者紹介


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

当サイトについて  | 運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top