ナスダック100(アメリカ株価指数)取扱CFD業者の配当金・スプレッドを比較

TOP画像


VIX指数 > CFD取り扱い証券会社を比較 > ナスダック100CFD(アメリカ株価指数)

著者:VIXパンダ 更新日:2021年1月13日

ナスダック100取り扱いCFD業者の配当・スプレッドを比較

ナスダックとは

ナスダックは、全米証券業協会が運営している株式市場です。
ナショナル・アセンション・オブ・セキュリティーズ・ディールズ・オートメイテッド・クォーテーション(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)の頭文字をとってナスダック(NASDAQ)と呼ばれます。

ナスダックはインターネット関連などのベンチャー企業が多く、市場から消える企業も多くなっています。

そのため、ハイリスク・ハイリターンな市場として認識されています。ナスダック上場企業はアメリカが多く、他はイスラエルや中国などが次いで上場数を伸ばしています。

ナスダック総合指数とナスダック100指数

ナスダックには、アメリカだけでなく世界中の3000以上の企業が上場しています。
ナスダック総合指数は、3000以上ある銘柄の時価総額に、時価総額加重平均型指数を基に算出した数値です。
一方、ナスダック100指数は時価総額上位100銘柄を、時価総額加重平均型指数で算出した数値です。

なお、ナスダック100指数の先物は、シカゴにあるマーカンタイル取引所にて取引されています。

主なナスダック組み入れ上位銘柄

1位:アップル 11.2%
2位:マイクロソフト 11.1%
3位:アマゾン 9.6%
4位:フェイスブック 4.4%
5位:アルファベットA 3.9%
6位:アルファベットC 3.9%
7位:インテル 2.7%
8位:シスコシステムズ 2.0%
9位:ペプシコ 1.9%


ナスダック100取り扱いCFD業者の配当・スプレッドなどの性能を比較

ナスダック100の取引に有利なCFD業者を調べるために、以下の8項目を比較しました。

ナスダック100取り扱いCFD業者の性能比較表
CFD業者 GMOクリック証券
CFD
DMM CFD OANDA
JAPAN CFD
IG証券CFD
ナスダック100
名称
米国NQ100 NDQ100/
USD
US100 米国テク株100種
株価指数先物
取引手数料 無料 無料 無料 無料
スプレッド※1 1ドル 2ドル 1.7ドル 2ドル
ポジション
決済時の
ドル円決済方法
(コンバージョンレート)
3時間おきに
決定し、
為替手数料
のなし
リアルタイム
に判断し、
為替手数料
なし
リアルタイム
に判断し、
為替手数料
なし
リアルタイム
に判断し、
為替手数料
0.3%
最小取引単位 株価指数
の1倍
株価指数
の1倍
株価指数
の1倍
株価指数
の1倍
最大レバレッジ 10倍 10倍 10倍 10倍
最低必要証拠金※2 12万6000円 12万6000円 12万6000円 12万6000円
配当・分配金
(2020年)※3
+4334円 -31390円 -21390円 -43800円
最大保有期間 無期限 無期限 無期限 無期限
取引時間 標準時間↓
月~金の
8:00
~翌6:15

サマータイム↓
月~金の
7:00
~翌5:15
標準時間↓

9:00~翌6:15
火~木
8:00~翌6:15

8:00~翌5:50

サマータイム↓

8:00~翌5:15
火~木
7:00~翌5:15

7:00~翌4:50
標準時間↓
月~金の
8:00
~翌7:00

サマータイム↓
月~金の
7:00
~翌6:00
標準時間↓
月~金の
23:00
~翌8:00

サマータイム↓
月~金の
22:00
~翌7:00
CFD業者 GMOクリック証券
CFD
DMM CFD OANDA
JAPAN CFD
IG証券CFD

表中の赤字は、他のCFD業者と比較して、特に有利な特徴です。
※1 スプレッド:株価指数1倍あたりの買値と売値の差です
※2 最低必要証拠金:ナスダック100の株価指数=12000ドル・1ドル105円で計算
※3 配当・分配金:株価指数の1倍あたりの金額です

ナスダック100CFDの取引手数料

取引手数料は、比較した全てのCFD業者で無料です。

ナスダック100CFDのスプレッド

スプレッドは、GMOクリック証券CFDが最安値で、株価指数1倍あたり1ドルです。
例えば、ナスダック100の株価指数が12000ドルの時、1倍の株価指数を売買するときにかかる費用は、往復1ドル(日本円で約105円)と激安です。

12000ドル(日本円で約126万円)の売買は、株式投資であれば、一番安いネット証券でも、往復1000円以上しますので、CFD取引の手数料がいかに安いかがわかります。

ナスダック100CFDポジション決済時のドル円決済方法

ナスダック100CFDは、ドル建ての商品ですので、決済時に必ず円に戻す必要があります。
その際、為替手数料が発生しないのが、GMOクリック証券CFD・DMM CFD・OANDA JAPAN CFDの3社です。
為替レートは、DMM CFD・OANDA JAPAN CFDはリアルタイム、GMOクリック証券CFDは3時間おきに決定します。

ナスダック100の海外ETFを売買する場合、どこの証券会社でも必ず為替手数料が発生します。
例えば、ナスダック100が12000ドルだと、最低でも6000円ほどの往復為替手数料かかります。
その点、為替手数料無料のCFD業者を選ぶと、余計なコストが発生せず、有利に投資できます。

ナスダック100CFDの最小取引単位

最小取引単位は、4社全てで株価指数の1倍です。
例えば、ナスダック100の株価指数が12000ドルの時、最小取引単位は日本円で約126万円です。

ナスダック100CFDの最大レバレッジ

最大レバレッジは4社ともレバレッジ10倍です。

ナスダック100CFDの最低必要証拠金

最低必要証拠金は4社とも同じで、約12.6万円です。

ナスダック100CFDの配当・分配金

配当・分配金は、ナスダック100CFDを保有することによって発生する調整額です。

呼び名はCFD業者によって異なり、
・GMOクリック証券CFD:価格調整額
・DMM CFD:スワップポイント
・OANDA JAPAN CFD:ファイナンシングコスト+配当相当額
・IG証券CFD:ファンディングコスト
です。

ナスダック100CFDを「買い」で保有した際、GMOクリック証券CFDだけプラスでした。
ナスダック100CFDを長期間保有する場合、GMOクリック証券CFDが非常に有利です。

GMOクリック証券CFDは、毎年3月、6月、9月、12月に価格調整額が発生しています。
ちなみに、過去の価格調整額下表のようになっています。

GMOクリック証券CFD ナスダック100買い 価格調整額表
2016年 2017年 2018年 2019年
+2200円 -4210円 -11233円 -11194円

米ドルの政策金利が上がるとマイナスになりやすく、逆に下がるとプラスになりやすいです。
どちらにしてもナスダック100CFDの配当金額は、GMOクリック証券CFDが一番有利です。

ナスダック100の最大保有期間

全てのCFD業者で、保有期間に制限はありません。

ナスダック100の取引時間

ナスダック100の取引時間はGMOクリック証券CFD・OANDA JAPAN CFDが長く、早朝を除くとほぼ丸1日取引可能です。

ナスダック100取り扱いCFD業者比較 結論

これらのことから、ナスダック100CFDの取引は、取引手数料、スプレッド、最小取引単位、配当金額、最大保有期間の点でGMOクリック証券CFDがおすすめです。


ナスダック100取引に有利なCFD業者

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD・ナスダック100CFDの取り引きにベストなCFD業者
・ナスダック100CFDのスプレッドは1ドルと最安です
・ナスダック100CFD買いの価格調整額はプラスで長期保有に最適
・ナスダック100CFDの決済時に為替手数料が発生しません
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

GMOクリック証券CFDの基本情報
 スプレッド
(ナスダック)
 最小取引単位
(ナスダック)
 最大保有期間 
(ナスダック)
最大レバレッジ 
(ナスダック)
信託保全
分別管理
1ドル  株価指数の1倍  制限なし 10倍  あり(全額)

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料 
 無料  無料  即時入金サービスは無料   無料

詳細はGMOクリック証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


DMM CFD

DMM CFD・ナスダック100CFDのスプレッドは2ドルと低めです
・ナスダック100CFDの保有期間に制限はありません
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません


DMM CFDの基本情報
 スプレッド
(ナスダック)
 最小取引単位
(ナスダック)
 最大保有期間 
(ナスダック)
最大レバレッジ 
(ナスダック)
信託保全
分別管理
 2ドル  株価指数の1倍  制限なし 10倍  あり(全額)

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料 
 無料  無料  即時入金サービスは無料   無料

詳細はDMM CFDの公式サイトでチェックしてください。


CFD取り扱い証券会社を比較 株価指数取り扱いCFD業者を比較 コモディティ取り扱いCFD業者を比較



人気記事ランキング

カテゴリ

投資種類別カテゴリ

大手CFD業者一覧

著者紹介


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【ブイヘジ】Co.,Ltd.

当サイトについて  | 運営者情報  | 利用規約 | プライバシーポリシー

page top